委員会・部会活動報告Report

活動報告

令和3年8月26日 委員会を開催しました

●木造ロ準耐火構造建築物1号の梁受け金物の開発について

木造で外壁耐火構造を成立させるためには、

室内側の防火被覆材を強化石膏ボード2枚張りとする必要があり、

室内のはりとの接合部分も石こうボードを切り欠いて納めることが出来ません。

そのため専用の金物が必要となりますが現状で市販されている金物がないため

開発を進めています。

水平構面を成立させるための合板受材のせん断試験や

火災後も自立するための構造的検討、

耐火外壁を成立させるための納まりの検討などを行っています。

 

●中大規模木造建築物の施工管理マニュアルについて

事業規模3億円、1,000㎡、階数2.3階程度のシンプルなモデルを想定し、

施工契約書や仮設計画、立て方計画図などを検討しています。

昨年度作成したマニュアルからのバージョンアップとして、

着工前準備資料の補強を行います。

具体的にはネットワーク工程表や

電子納品チェックシート(公共建築物に多い仕組み)、

特殊な敷地条件における注意事項(高圧送電線、

鉄道に隣接した敷地、河川区域)、退職金届出制度、

共同企業体代表者届などを補強していく予定です。