委員会・部会活動報告Report

活動報告

令和3年5月19日 委員会を開催しました。

災害対応住宅研究委員会第1期報告案について協議しました。

被災前の施主への説明内容について、

自宅近くにある避難場所と安全な避難経路を確認する旨を

追記することになりました。

各市町村では、あらかじめ災害時の避難場所を定めています。

避難勧告や避難指示が出たときには、

速やかに避難場所に移動できるよう、

市町村のホームページや、配布しているパンフレットなどで、

あらかじめ位置などを確認しておくことが大切です。

 

洪水への対策案については想定するリスクレベルを

床下、床上、それ以上等に分けて提案する必要があるとの

意見がありました。

レベルに応じた被害を想定し、

建築でどこまで対応できるのかを明確化し、

被害の最小化を図るための対策を検討します。