一般社団法人 JBN

  • JBNとは
  • 一般のお客様
  • 工務店の皆様
  • JBN入会申込み
  • 会員専用ページ
  • 住宅履歴(いえもり・かるて)
一般社団法人 JBN

木材の基礎知識Wood

木材の用語

  • 元玉

    主伐(伐採)後、枝を切り落として一定の長さに切り分けられます。
    これを玉切りと言い、切り分けられたもののうち、根元のほうを元玉と呼び、上のほうに向かって二番玉、三番玉という順に名前が付けられます。
    玉切りは、造作材2メートル、柱3メートル、梁4メートル、通し柱6メートルなどと決まった長さに切られますが、玉切り次第で価値ある丸太になるかどうか分かれます。

  • 元口

    玉切りされた丸太の根元のほうを元口と言い、梢のほうを末口と呼びます。
    柱や板材など垂直に使用する材は、木が生えていたときと同じで元口を下(根元を下)にし、反対は「逆木」と言われて嫌われます。
    木口の心材(赤身)が多いかなどを見て、元口か末口かを判断します。

  • 辺材

    木口を上から見たとき、外側の色が淡い部分のことです。
    立木のときは、辺材の樹皮に近い部分で根から水分や無機養分などを吸い上げ、樹木全体に向けて通す役割があります。
    心材に比べて含水率が高く、腐朽や蟻害に弱いですが、節の少ない材が取れます。

  • 心材(赤身)

    木の内側の色が濃い部分で、樹木を支える役割を担います。
    形成層でつくられた細胞が辺材となり、時間の経過とともに細胞が死んで心材に変化します。
    このとき、細胞に蓄えられていたでんぷんや糖が化学変化を起こし、色が濃くなります。
    防腐防菌の効果があり、腐朽や蟻害に強く、辺材に比べて含水率が低いことが特徴です。

  • 移行材(白線帯)

    辺材と心材の境界にある白いところで、辺材から心材に変化している部分です。
    心材と同様に水を通しにくいことから、酒樽などに利用されます。
    なお、玉切りして乾燥が進むと見えなくなります。

  • 外樹皮

    樹木が生えるまわりの環境から内部を保護する役割があります。
    外樹皮によって樹種が判別するとともに、樹木の健康状態も把握できます。
    耐久性が高いことから、外樹皮だけをはがして社寺の屋根葺き材として使われます。

  • 内樹皮

    外樹皮と形成層に挟まれた部分で、葉で光合成された糖類などの栄養分を上から下へ向けて運ぶ役割があります。
    内樹皮を樹木一周分を剥がすと栄養分が運ばれなくなり、やがて枯れてしまいます。
    栄養価が高く、動物にとっては美味しい部分のため食害にあいやすいです。

  • 形成層

    細胞分裂を起こし、活発に細胞増殖を行っている部分です。
    木の細胞が分裂すると、形成層の内側にある古い細胞に新しい細胞が付け加わって樹幹が太く成長します。

  • 早材

    春から夏にかけてできた細胞で、細胞の壁の薄いため色が淡く見えます。
    細胞の活動が活発なため、成長スピードが早く、成長量も多くなります。

  • 晩材

    夏から秋にかけてできる細胞で、細胞壁が厚いため濃い色です。
    細胞の活動が穏やかなため、成長スピードが遅く、成長量も少なくなります。

  • 年輪

    春にできる早材と、秋にできる晩材の組み合わせで、1年に一つ、輪ができます。
    これが年輪で、製材にしたときに、木目となって表れます。
    年輪の幅で樹木の年齢や成長スピードがわかります。

  • 柾目

    年輪の方向に対して直角に切断すると、年輪の層が平行な縞模様になって表れます。
    これを柾目と言い、材木断面の一部にしか取れません。
    柾目は、木表と木裏の収縮率の差がないので、ねじれや反りが少ないことが特徴です。

  • 板目

    年輪の円周方向に沿って切断すると、年輪の層が筍のような曲線模様になって表れます。
    これが板目で、柾目に比べて多く取れます。
    木表と木裏の収縮率の差が大きいため、木表側が凹むように反ります。

  • 木表

    樹皮に近い側を言います。
    円周方向と半径方向の収縮率の違いで、乾燥が進むと木表側が凹むように反ります。
    ササクレが立ちにくいので、人が触れる床や壁などに使われる板材は木表側が室内の内側へ向けます。

  • 木裏

    樹心に近い側を言います。
    木表側に引っ張られて変形し、割れが入ることが多くあります。
    古い木目と新しい木目が剥がれてササクレ立ちやすいので、人が触れないように使用します。