一般社団法人 JBN

  • JBNとは
  • 一般のお客様
  • 工務店の皆様
  • JBN入会申込み
  • 会員専用ページ
  • 住宅履歴(いえもり・かるて)
一般社団法人 JBN

会長挨拶Message

一般社団法人JBN・全国工務店協会 会長 大野年司

当会は、「地域工務店による地域工務の為の業界団体を」を目指し、故青木宏之前会長の提唱で、地域工務店(全国各地域で、住宅の新築やリフォーム等を行う中小建築業者)と関連事業者等を会員として構成される全国団体として誕生しました。木造建築に関する業務、技術、人材、品質、情報などの面から会員をサポートし、地域工務店と建設業界を取り巻く関連事業者とともに業界を形成し、持続的且つ、健全な発展を図り、地域の良好な住環境等の整備に貢献することを目的として、2008年に設立いたしました。
現在、地域工務店約3000社の会員を擁し、地域工務店でつくる組織としては、日本最大の組織となっております。

戸建住宅の約80%が木の家で建てられていますが、全国各地域で長年にわたり、その中心的役割を果たして来ているのが、地域の工務店です。時代が大きく変化する中にあって、これからも、安心・安全・快適な居住環境を継続的に提供し、維持管理してゆく事が、私達地域工務店に課せられた使命であり、テーマです。

その為に全国の工務店が連携し、青木前会長の意志を継ぎ、情報交換や調査研究・研修を行い、会員同士切磋琢磨を重ね、国・県等の施策とも連携しつつ、ユーザーのお役に立ち、地域の発展に寄与してゆかなければなりません。
結果的に、各事業所の発展、業界の発展に繋がるものと信じてやみません。
そして、これからも全国各地で、無くてはならない工務店づくりを目指して参ります。

一般社団法人JBN・全国工務店協会
会長 大野年司

具体的なJBNの役割

  • 1地域工務店の業界として、国、県に協力し、実状を報告、施策情報を直接収得し要望を正確に伝える
  • 2平時、災害時「地域に必要とされる工務店」の存在を国、県、地域に役に立つ団体をアピール
  • 3各工務店に社会情勢、色の付いてない中央情報を正確にわかりやすく伝え、国・業界の委員会へ委員を派遣して後に情報を地域工務店の経営に生かしてもらい、消費者の安心と信頼を得る
  • 4工務店として継続の為、技能者の育成、管理者・設計者の教育、経営者の交流を計り、消費者の家守りが出来る体制を作る
  • 5工務店の為、木造建築に必要な研究開発を行い、品質向上を計り、経営の武器にする
  • 6良質な木造建築を施工する為、各種技能者団体と連携を取り、共存、共栄を計る
  • 7工務店業界団体として今、工務店に何が必要かを工務店が考え、工務店によって運営する

会長プロフィール

氏名

大野 年司

役職

会長 (代表理事)

所属

大野建設株式会社(埼玉県)代表取締役社長

職歴

平成 4年 3月大野建設株式会社代表取締役社長就任 現在に至る 

平成 7年 4月広域認定訓練校大工育成塾「番匠塾」設立に(故)青木前会長、中野栄吉氏らと関わり理事就任

平成11年 2月「家を建てるという大切な仕事」をダイヤモンド社より上梓

平成15年 7月国土交通大臣顕彰受賞(大野建設)

平成22年 4月一般社団法人工務店サポートセンター理事就任

平成23年 9月一般社団法人全国木造建設事業協会 建設部会長に就任

平成26年 6月一般社団法人JBN副会長に就任

平成30年 3月一般社団法人JBN・全国工務店協会会長に就任