住宅履歴情報管理システムの用途・メリット

1.快適な生活環境を長期にわたって効率的に確保するために、適切な維持管理やリフォーム等を可能にします。
1)正確な情報に基づく適切な維持管理を実現
2)正確な情報に基づく合理的なリフォームを実現
2.蓄積される情報の信頼性・透明性が確保されることで、安心して住宅を取引することが出来ます。
1)透明性の確保された、住宅市場の整備に向けた適切な取引の実現
2)取引後のトラブル防止
3)維持管理等の正確な住宅履歴情報の内容を加味することで
  新築後の住宅の維持管理状況を考慮した価格決定が可能
3.災害や事故の際にも迅速かつ適切に対応できます。
1)正確な住宅履歴情報に基づいた迅速かつ適切な復旧や補修の実施
2)耐震改修の実施状況等、災害や事故が発生した際の復旧に必要な情報を迅速に提供します。

長期優良住宅』、『既在流通活性化事業』では必須の要素となっています。

  • 国土交通省のホームページへ
  • 林野庁のホームページへ
  • 環境省のホームページへ
  • 経済産業省のホームページへ
  • 厚生労働相のホームページへ