住宅履歴情報管理システム

住宅履歴情報とは?

新築・中古住宅とも、『いえかるて』を登録することで資産価値の継続を


新築時・リフォーム時に「工務店」が作成したデータを、住宅の所有者が住宅履歴情報保管サーバー(住宅所有者)から所有データとして利用できます。
工事記録・保守点検記録・設計図書・保証書が残り、住宅履歴(いえかるて)を保存して、100年後でも所有者が取り出せるシステムです。
それにより、住宅の資産価値が継続する将来の評価の資料となり新しいマーケットが出来ます。
生産者情報を10年間、(所有者の)住宅履歴情報を30年間保管します。
JBNが、「住宅履歴情報サービス機関」(愛称-いえもり・かるて)を開設し、登録をサポートしています。
(注 生産者:施工会社、所有者:施主)

住宅情報サービス事業

長期優良住宅の認定を受けた住宅の所有者は、その建築および維持保全の履歴を記録し、保存することが義務づけられています。施工会社は建築段階の履歴情報を作成し、維持保全の計画書とあわせて竣工時に保管・閲覧サービス機関へ預け入れるとともに建築主に対して必要な情報を提供する必要があります。

JBNでは、これら住宅履歴情報を一定の基準・様式にもとづく適切なデータとして登録し、管理できる住宅履歴情報管理システムを整備するとともに、工務店と住宅所有者の認証と住宅履歴情報への登録をサポートする「住宅履歴情報サービス機関」(愛称-いえもり・かるて)を開設しています。

「いえもり・かるて」は、「住宅履歴情報(愛称-いえかるて)保管・閲覧サービス機関」と利用契約をした公的登録機関です。

いえかるて


「いえかるて」は住宅履歴情報の正式な愛称です。
情報サービス機関とは、「住宅履歴情報の蓄積・活用の指針」に基づき、住宅所有者が行う住宅履歴情報の蓄積・活用を支援するサービスを提供する機関です。

  • 国土交通省のホームページへ
  • 林野庁のホームページへ
  • 環境省のホームページへ
  • 経済産業省のホームページへ
  • 厚生労働相のホームページへ