JBN委員会・部会活動紹介

次世代の会

地域工務店が必要とされる為に、何を学び何をすべきか、知恵を出し合い議論しながら進行していく。また工務店業界を担うために家づくりや経営等のための研修、国や外部団体における様々な活動への参加と連携及び工務店が住宅産業の主役となるための活動などを通じて、次の世代の工務店経営者を育成する。

担い手育成委員会

大工を始め、建築業界に関する人材育成を推進していく。
また、大工技能競技大会やJBN連携団体・会員工務店の技能者育成についても支援サポートを図る。

既存改修委員会

長期優良住宅リフォームに対応するため維持管理やリフォーム事業に関するパンフレット・マニュアルを作成し、会員の受注促進のためのツール促進を図る。

国産材委員会

会員工務店の実務に役立つ国産材及び木材の情報提供を行うことにより、工務店の国産材に対する知見がより高まり、より使いやすい存在となる事を目的として、年4回の講演会及び現地研修会を行う。並びに林野庁木材産業課との情報交換を定期的に行い、林野庁と地域工務店の意見を繋ぐパイプとしての役目を果たす。

環境委員会

消費税増税後、住宅着工数がさらに減少し、工務店の淘汰が一層進むと見られる中、我々工務店は近年にない大きな問題を抱えている。その一つは省エネもしくはゼロエネに対応した住宅を供給する事であり、もう一つは、お客様に出会う方法がSNS(ソーシャルネットワークサービス)などにより大きく変化して来たため、集客コストがアップし、受注に大きな不安を抱えるという問題である。
このような状況の中で、環境委員会は工務店が省エネ(ゼロエネ)住宅やカーボンオフセットなどに取り組むための、情報提供や環境整備を事業として行っていく。

ZEH委員会

2020年までに標準的な新築住宅を、2030年までに新築平均でZEH化するという制作目標に向けて、JBN会員工務店のZEHへの取り組みを支援し、JBN会員工務店が新築する戸建て住宅のZEH率をまずは2020年までに4割以上とすることを目指す。
そのために国土交通省・経済産業省・環境省と連携し、情報収集、普及啓発の活動を行う。

組織部会

会員拡大並びに未組織県での、JBN連携団体設立等の組織に係る事業についての推進並びに既存の連携団体支援を図る。

政策調査委員会

政策調査にかかわる活動国・行政からの情報を会員にわかりやすく伝え、商売として使えるものにする。

旧マーケット委員会としての活動
JBN外部からの情報を会員にわかりやすく伝え、会員メリットとして使えるものにする。
中古住宅流通に関わる活動
中古住宅流通に関わるビジネスチャンスを工務店としてどう具体化するか既存住宅活動WGを通し検討し、それを会員に発信する。
  • 国土交通省のホームページへ
  • 林野庁のホームページへ
  • 環境省のホームページへ
  • 経済産業省のホームページへ
  • 厚生労働相のホームページへ